全国大学情報ポータルサイト~大学の「これから」を発信する~

ツイッターページ
フェイスブックページ
メールを送る
Loading
Loading
このページを翻訳する

国際交流地域貢献スポーツ

【日本薬科大学】

秩父樹液生産協同組合と日本薬科大学が開発した『キハダ飲料水』が完成し、発売が開始されます

【日本薬科大学】

秩父樹液生産協同組合と日本薬科大学が開発した『キハダ飲料水』が完成し、発売が開始されます


秩父樹液生産協同組合と日本薬科大学が開発した

『秩父・森の恵み 今日もスッキリ キハダのにが味(キハダ飲料水)』

が完成し、7月7日より発売が開始されます。


原料となるキハダは秩父の山に自生しているもので、また、水は毘沙門水と呼ばれている秩父の名水を使用しています。キハダの苦味とカボスの爽やかな酸味がスッキリとした飲料水になっています。

7月7日から秩父地域の道の駅や土産店などで発売されます。

秩父樹液生産協同組合と日本薬科大学が開発した『キハダ飲料水』が完成し、発売が開始されます



日本薬科大学掲載ページ






記事提供元:日本薬科大学

国際交流地域貢献スポーツ一覧