全国大学情報ポータルサイト~大学の「これから」を発信する~

ツイッターページ
フェイスブックページ
メールを送る
Loading
Loading
このページを翻訳する

国際交流地域貢献スポーツ

【駿河台大学】

高野進さんの陸上教室が行われました

【駿河台大学】

 7月26日(日)午後1時から、駿河台大学陸上競技場において、男子400m走日本記録保持者で北京・ロンドンオリンピック陸上競技日本選手団監督の高野進さんによる、飯能市内中学校の陸上部の生徒を対象とした陸上教室が開催されました。

 これは、吉本興業が地域の活性化を目的にスポーツ選手を地域に派遣する「ふるさとアスリート制度(FA制度)」として昨年度から取り組み始めた事業で、現在、飯能市と㈱よしもとクリエイティブ・エージェンシーが連携に関する基本協定を結んでいることから実現したものです。

 なにしろ、超がつくスーパーアスリートから直接の指導が受けられる貴重な機会に、生徒たちは教室の中では、最初だいぶ緊張していたようですが、一緒に指導を受けながら、進行を務めた若手お笑いコンビ「げんき~ず」のおかげで次第にリラックスでき、トラックに出ると、猛暑の中にもかかわらず、のびのびと高野さんをまねて練習に取り組んでいました。

 この中から、将来のアスリートが誕生することを祈っています。高野先生、生徒の皆さん暑い中本当にお疲れ様でした。

高野進さんの陸上教室が行われました

最初は講義、先生が持っている紐の長さは、
ボルト選手の100m走の一歩の長さ!

高野進さんの陸上教室が行われました

先生自らお手本になってのトレーニング

高野進さんの陸上教室が行われました

いろいろな動きをリズムに合わせて、だんだん早く

高野進さんの陸上教室が行われました

全員がランニング技能検定5級の認定証をもらいました


駿河台大学掲載ページ






記事提供元:駿河台大学

国際交流地域貢献スポーツ一覧