全国大学情報ポータルサイト~大学の「これから」を発信する~

ツイッターページ
フェイスブックページ
メールを送る
Loading
Loading
このページを翻訳する

研究・教育 メディア

【駿河台大学】

【現代文化学部】フィールドトリップIIA 実施報告2「里山ナイトウォーク」

【駿河台大学】

現代文化学部 平井純子准教授


 フィールド・トリップIIAの第2回目の舞台は飯能・天覧山とその周辺。日中はハイキングやウォーキングの方々で賑わっていますが、夜は野生生物が行きかう場となります。今回は普段歩くことの少ない、夕方から夜の里山へ足を踏み入れ、初夏限定の楽しみを含めた「非日常」を味わいました。

 飯能駅から天覧山までの道では、まちなかや寺社仏閣など、飯能の歴史や文化を学びつつウォーキング。観音寺では、アニメツーリズムの現状を垣間見ることができました。

 天覧山に登り始めたころ、日暮れを迎えました。薄暗い森はいつもとは違う表情を見せています。キノコや動物の痕跡を確認しつつ進みます。途中でムササビの巣穴で姿を見ようと思いましたが、出会えず残念...
 
 山頂から暮れゆく飯能のまちを堪能したあと、真っ暗な山道を下りはじめました。せっかくなので、ライトを消してゆっくり下山。はじめは全く見えませんでしたが、徐々に目が慣れてきました。普段いかに視覚に頼っているのかが良く分かります。

 「あ、ホタル!!」真っ暗な闇の先にホタルの点滅を見つけた学生たち。「初めて見た!」「こんなにいるなんて、テンション上がる!!」と大興奮でした。

 この日はゲンジボタルを中心に多くのホタルが出現。天覧山のふもとの谷津でしばしホタル観賞を楽しみました。ホタルを通じ、生物多様性や里山環境保全の大切さが理解できたでしょうか。

【現代文化学部】フィールドトリップIIA 実施報告2「里山ナイトウォーク」

かつての飯能の賑わいについて学ぶ

【現代文化学部】フィールドトリップIIA 実施報告2「里山ナイトウォーク」

観音寺で絵馬をみる学生たち

【現代文化学部】フィールドトリップIIA 実施報告2「里山ナイトウォーク」

ムササビは姿を見せず...


駿河台大学掲載ページ






記事提供元:駿河台大学

研究・教育 メディア一覧