全国大学情報ポータルサイト~大学の「これから」を発信する~

ツイッターページ
フェイスブックページ
メールを送る
Loading
Loading
このページを翻訳する

研究・教育 メディア

【駿河台大学】

【法学部】講義クローズアップ '15(12)――文学(海老澤豊教授)――

【駿河台大学】

【法学部】講義クローズアップ '15(12)――文学(海老澤豊教授)――

≪海老澤豊教授≫


 この授業では、西洋の幻想的な文学作品を取り上げ、最近の映画やマンガと関連づけて解説します。題名は聞いたことがあるが、実際には読んだことがない、そんな本はありませんか。たとえば最初に取り上げるのは、ホメロスの『オデュッセイア』です。いかがでしょう、どこかで聞いたことがありますか。

 主人公のオデュッセウスは、異国で神に呪いをかけられて故郷に帰れず、仲間たちと船で大海原をさまよいます。途中でさまざまな島で、人間を食らう一つ目巨人(壁は登りません)、男を誘惑して動物に変えてしまう魔女キルケ、歌声で人を狂わせるセイレンなどに遭遇し、知恵を絞って(手足は伸びません)何とか抜け出します。時には王女のナウシカアーに助けてもらったりもします。

 おわかりですね。最近のアニメやマンガやゲームは、すべてパクリ(文学用語で模倣と言いますが)なのです。原典を知ることで、ふだん目にしているマンガがさらに面白く読めます。他にも、フランケンシュタインやドラキュラ、ホムンクルスやオートマータなどが、授業で次々と登場します。「これの元ネタはあれなんだよ」と友達の前で自慢してみませんか。


駿河台大学掲載ページ






記事提供元:駿河台大学

研究・教育 メディア一覧