全国大学情報ポータルサイト~大学の「これから」を発信する~

ツイッターページ
フェイスブックページ
メールを送る
Loading
Loading
このページを翻訳する

研究・教育 メディア

【駿河台大学】

【法学部】法学部の授業はけっこうおもしろい!!'15(1)――消防と法――

【駿河台大学】

 法学のイメージってどのようなものでしょうか? きっと「難しそう」、「堅苦しそう」と思われる人も多いでしょうが、駿河台大学法学部の授業では、法律に少しでも興味を持ってもらえるように、難しいこともわかりやすく、より身近に考えられるようさまざまな工夫がされています!

 この連載では、実際に授業を受けている在学生が、授業を担当する先生とは違った目線から法学部の授業を実況中継してくれます。少しでも「法律」に興味を持ったら、オープンキャンパスに足を運んで、自分の目と耳で法学部の授業を体験してみませんか。

 初回は、「消防と法」の実況中継をお伝えします。

【法学部】法学部の授業はけっこうおもしろい!!'15(1)――消防と法――

法学部法律学科3年 知久凌雅
埼玉県私立浦和実業学園高等学校出身


 この授業は、消防法などの消防に関連する法律を扱う講義です。そのため、警察・消防コースで消防官を目指している学生が、よく受講しています。

 例えば、火災現場を発見した人は119番に通報しますが、実はこれは、消防法第24条1項により義務づけられています。このような基本的な問題をはじめ、消防官が活動する上でのルールや、消火活動の際に発生した損害の賠償・補償など、消防に関する様々な定めが、この授業の中で解説されます。

 さらにこの授業では、消防官という職業についても取り上げられます。
 一言で消防官といっても、そこには様々な役職や階級があります。また、市町村ごとに、消防指導体制には違いがあります。この授業では、それら消防組織ごとの違いや特徴についても学ぶことができます。

 もし自分が目指している市町村の消防組織が授業で取り上げられれば、消防官志望者にとっては将来につながることでしょう。
消防官を志望している、または、消防に興味があるという学生はたくさんいますが、消防に関する法律を十分に知っているという学生は、あまりいないと思います。この授業は、そのような学生が基礎から消防法を学べ、さらに消防官についてもより深く知ることのできる授業です。


駿河台大学掲載ページ






記事提供元:駿河台大学

研究・教育 メディア一覧