全国大学情報ポータルサイト~大学の「これから」を発信する~

ツイッターページ
フェイスブックページ
メールを送る
Loading
Loading
このページを翻訳する

研究・教育 メディア

【駿河台大学】

【経済経営学部】「ビジネス・ケーススタディ」で特別講師による授業が行われました(アコム株式会社)

【駿河台大学】

 7月13日(月)3時限、経済経営学部「ビジネス・ケーススタディの講義(担当:水尾順一教授)」で、三菱UFJフィナンシャルグループ・アコム株式会社コンプライアンス統括部次長 佐伯隆博氏が来学、特別講義が行われた。
 テーマ「消費者信用の概要と金融教育」をもとに、同社の実務を説明し、あわせて消費者の立場に立った金融・銀行業界について具体的に講義をされた。

具体的な講義内容は以下のとおりである。
1.消費者信用業界の概要
2.消費者信用の歴史
3.アコムの概要
4.消費者生活の中のローン・クレジット(金融教育)

【経済経営学部】「ビジネス・ケーススタディ」で特別講師による授業が行われました(アコム株式会社)


 これらの項目について、金融広報中央委員会が発行する「大学生のための人生とお金の知恵」を使用してわかりやすく講義していただいた。
 受講者の学生は、自分たちの家計や生活に必要なマネー管理の必要性と基本的な考え方について、講師の熱意あふれる授業に聞き入っており、水尾ゼミの学生が以下のような感想レポートを書いている。

【経済経営学部】「ビジネス・ケーススタディ」で特別講師による授業が行われました(アコム株式会社)


株式会社アコム様の講義感想文


経済経営学部3年 木鋪 小麦


 今回はアコム株式会社コンプライアンス統括部次長佐伯隆博様にお話をいただきました。
 アコム株式会社様の社名の由来が「愛情」「信頼」「節度」の英語三文字の頭文字からとっている知り、新しい発見になりました。愛情と信頼があるからこそお客さまも安心になり、なおかつ節度はわきまえているというアコム様のお客さまに対しての気持ちが伝わる社名だなと思いました。
企業理念が「アコムは人間尊重の精神とお客さま第一義に基づき創造と革新の経営を通じて楽しく豊かなパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献する」という理念のもと、お客さまは絶対の存在であること、お客さまの立場に立って考えるという姿勢、常に一番手としてアタックし、業界の常識を次々と創り変えてきた伝統を常に考えています。
 社会貢献活動としては、社会福祉、地域貢献、各種支援活動を含め広範囲にわたっています。
 お金を借りる上で怖いなと思ったことが「多重債務」です。計画通りに返済することができない場合、他から借り入れを繰り返すと債務は雪だるま式に拡大すると知りました。お金のことは慎重に進めていかなければいけないと思いました。将来、私もローンやクレジットなどを使う機会がある時にはしっかりと将来設計を立てていかないといけないことがわかりました。
 この度はお忙しい中、私たち駿河台大学生のために貴重な御講義をしていただき本当にありがとうございました。心からお礼申し上げます。

【経済経営学部】「ビジネス・ケーススタディ」で特別講師による授業が行われました(アコム株式会社)



駿河台大学掲載ページ






記事提供元:駿河台大学

研究・教育 メディア一覧