全国大学情報ポータルサイト~大学の「これから」を発信する~

ツイッターページ
フェイスブックページ
メールを送る
Loading
Loading
このページを翻訳する

その他

【創価大学】

全国34会場で、保護者教育相談会を開催しました

【創価大学】

全国34会場で、保護者教育相談会を開催しました

学生支援の取り組みについて、各担当者から説明が行われた


 今年度(2015年度)の最後となる保護者教育相談会を7月19日(日)、本学中央教育棟 AB103教室で開催しました。

 相談会では、教務部、学生部、キャリアセンター、国際部から学生支援の状況についての説明を行い、田代康則理事長が挨拶の中で、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」の採択に伴う本学の取り組み、学生の活躍などを紹介しました。終了後は、個別相談を実施し、学生生活における多面的な相談・質問に、各担当部署の職員が応答しました。

 この保護者教育相談会は、2003年から実施しており、本年で13年目を迎えます。本年は5月31日(日)から9週間、各週末に全国34会場で開催しました。

 特に創価大学から離れた地域の会場で参加された保護者の方からは、「地理的に離れているため、以前にくらべ子供と話す機会が減っていましたが、今回の相談会で大学生活の様子や、授業・履修のことなど、個別に話を聞く機会があり安心しました」「大学自体がキャンパスを含め、大きく発展している様子を実感しました」などの声が寄せられました。

 保護者会を担当した職員は「開学以来の本学の伝統である『学生第一』との精神を堅持し、学生のみなさんが、大学キャンパスで大きく可能性を伸ばし、希望の進路・就職を勝ち取れるように、学生支援に取り組んでまいります」と話しました。

全国34会場で、保護者教育相談会を開催しました

田代康則理事長からの挨拶

全国34会場で、保護者教育相談会を開催しました

個別の相談会の様子


創価大学掲載ページ






記事提供元:創価大学

その他一覧